鳩撃退には正しいネットの張り方が大切

鳩が人へもたらす恐ろしい被害~健康を維持のためにも鳩退治は必須~  
  
鳩が人へもたらす恐ろしい被害~健康を維持のためにも鳩退治は必須~

ネットを張ったのに鳩が侵入してくるのには理由があった

ベランダにネットを張ったとしても、鳩が侵入してくる恐れがあります。なぜなら、鳩は執着心が強いことで知られています。例えネットが張ってあったとしても、安心はできません。ここでは、ベランダにネットを張っても鳩が侵入してくる理由などについて説明していきます。

ベランダにネットを張ったのに入ってくる

ネットを張ったのに鳩がベランダに入っていました。ちゃんとやったはずなのに、なんで入ってくるんですか?
正しくネットを張ったのであれば、鳩の侵入を間違いなく防ぐことができます。ネットを張ったにも関わらず鳩が侵入してきたのであれば、恐らくネットの張り方に問題があったということになります。そのため、鳩の異常な執着心を見くびらないようにしましょう。鳩はちょっとの隙間も見逃しません。狙った場所に確実にいくために小さな隙間をくぐり抜けてきます。ネットの張り方が甘ければ、鳩の侵入を確実に防ぐことができなくなります。また、鳩はねぐらと決めている場所に必ず戻ろうとします。このような鳩を諦めさせるのは容易ではありません。ですから徹底して、ネットを張るなどの対策をする必要があるのです。鳩撃退するなら、鳩が入れるような隙間をなくしましょう。隙間さえなくなれば間違いなく鳩はベランダに侵入してくることができなくなります。自分で鳩撃退をするのが難しければ、専門業者に任せるなどして問題解決を図りましょう。

恐ろしい奴らの執念さ

鳩は渡り鳥とは違い、住処を移動する鳥ではありません。鳩は留鳥に分類される鳥です。長い期間ずっと同じ場所に住み着く習性があります。鳩は帰巣本能を持っているので、自分の住処からどれだけ離れた場所にいたとしても、必ず住処に戻ってくることができるのです。必ず自分の巣へ戻るという、この帰巣本能が鳩の恐ろしい執念へと繋がるのです。

ベランダに来た奴らは鳩撃退しなくてはならない

鳩撃退のために、ネットを張って対策をする人も多いです。ネットを張らなければ、鳩の糞によって自分のベランダが汚されてしまうので困ります。しかしベランダが汚される以外にも、鳩撃退をしなければいけない理由があるのです。

アレルギーになってしまう
鳩の糞は人間にとって決して良いものではありません。見た目もそうですが、特に怖いのがアレルギーなどを引き起こす原因になるという事実です。アレルギーを引き起こしてしまうと、日常生活に多くの支障をきたす恐れ場あります。健康な生活を維持するためにも、鳩撃退は必須となるでしょう。鳩の糞にはアレルギー物質の他にも、病原菌や寄生虫など人の健康に害を与える悪いものが含まれています。
鳩の繁殖力がヤバい
鳩の繁殖力には凄まじいものがあります。鳩は生まれてから半年で繁殖期に突入し、1日に数回は交尾を行なうようになるのです。鳩意外の鳥は、春に繁殖シーズンに入るケースが多いですが、鳩は例外です。鳩は、1年の間に卵を約6回は産むといわれているのです。また鳩は母乳のような栄養豊富な液体を分泌することができます。これがエサのような役割を果たすので、繁殖シーズンなど気にせずに繁殖を繰り返すことができるのです。

鳩撃退する前に知っておきたい事

ハト

鳩がベランダに来てから、すぐに巣を作ることはありません。そのため、巣を作るまでにいくつかのステップを踏んでいきます。まず最初は、休憩場所としての利用です。次に休憩所であるベランダで仲間を待つために待機するようになります。次は長時間、ベランダに滞在するようになってくるのです。そして、最後に巣を作り始めます。

TOPボタン